【一口メモ】


<活とボイルと冷凍の見分け方>
活は生きています。通常は、活は茶褐色をしており、ボイルは鮮やかな赤色をしています。
見分けがつかないときは、カニ脚の先端部分を折って、身の状態を見て下さい。
活は半透明、ボイルは白色です。冷凍は、冷凍剤で凍結されています。

<保存方法・賞味期間>
●活ガニ
活カニは保存できませんので、茹でてからよく冷まし「ふんどし」(腹の三角形の部分)を切り
分け、キッチンペーパー等で水分をふき取り、ぬれた新聞、又はラップ等で包み、ビニール袋
等に入れて冷凍して下さい。
(甲羅・胴部・脚部に分けて冷凍するとスペースをとりません。)
●ボイルガニ
何日も保存せず、1~2日位で食べるか冷凍して下さい。
賞味期限は冷凍庫で5~7日間程度。冷蔵庫で1日程度です。

※注意事項
・電子レンジ、水につけての解凍は風味を落としますので避けて下さい。
・カニは裸のままで冷凍せずに必ずビニール袋などに入れて冷凍して下さい。
水分が蒸発し身がパサパサになります。



花咲ガニの捌き方



[用意するもの]
まな板
調理バサミ
小スプーン
新聞紙
軍手

調理バサミを使って、脚を切り落とします。

次に、ふんどしの部分を広げて、外子を取り出します。
(手で簡単に取れます)

写真中央の白い部分は堅くて食べられませんので、取り出します。

ふんどしをあけて、内子、蟹味噌を取り出します。

このように、短めに(間接の前後で)切ると、
見た目的に小さく見えてしまいますが、とても食べやすいです。